起業に役立つ資金調達方法

開業資金の調達方法とその特徴

開業成功は事業計画書の作成から

資金を調達するにあたり、まず最初に思い浮かぶのが国の補助金や自治体からの助成金でしょう。 融資などと異なり基本的に返済不要なお金となりますが、公募期間が決まっていたり、事前の申請手続きが必要だったりと早めの準備が必要になります。 補助金・助成金のポイントを知り、賢く活用していきましょう。

開業時でも利用できる融資

融資は貸付額と金利の返済が必要となるお金になります。 メガバンクや大手銀行では信用の問題から基本的に融資は行いませんが、会社設立直後でも利用できる融資制度もあります。 開業前後は実績がないため資金調達が難しく、限られた方法の中で利用できる融資方法や制度について知っておかなければなりません。

自己資金と出資金バランスが重要

出資は会社設立において最も基本的な資金調達方法と言えるでしょう。 出資の場合、出資者が提供する資金は返済不要とする代わりに株の値上がり益と配当を返すことになります。 株式発行に伴い経営権を部分的に譲渡することになるため、企業や業界関係者との繋がりや、出資者との交渉が不可欠になります。

補助金を活用する

2002年以降、新会社法の施行により資本金が1円からでも会社を立ち上げることができるようになり、近年ではベンチャー企業などで新たなビジネスを手掛け、成功させている人も少なくありません。
しかし、実際の開業に必要な費用としては数十万円ほどの会社登記などの手続きから設備費・運営費にもお金が掛かり、実際に利益が手に入るまでの期間を全て自信で賄うことは難しく、会社を成長させるにあたり出資などの工面は必要不可欠と言えます。

その方法はたくさんありますが、事前に重要となるのが事業計画書の作成です。
外部からお金調達するということは、売上を上げて利益を出すことが前提とされており、金融機関などがその能力を有するか否か判断するために事業計画書が必要になります。
「事業計画」と言うと難しく感じるかもしれませんが、決まった形式・書式等は特になく、自身の行いたいビジネス内容や将来的な展開などを自由に書くことができます。
ただし、この事業計画書がより現実的で明確なプラン内容でなければ、今後開業時に必要となる融資を受けることがが難しくなる場合もあるので、創業動機やセールスポイント、売上計画における実現可能な数字を示すなどポイントを押さえて作成していかなければなりません。
この事業計画書が作成できて初めて出資を募ることができます。

近年では株式好調の影響もあり、ベンチャー企業などの出資額は年々増加傾向にあるため、開業する際のお金を調達しやすい時期でもあります。
本サイトでは新たにビジネスを始めたいと現在考えている方へ、開業へのスムーズな第一歩を踏み出すための融資を募る方法とそれぞれのポイントをご紹介していきます。