開業時でも利用できる融資

無担保・無保証で受けられる公庫融資

日本政策金融公庫は政府が民間の金融機関の補完を行う金融機関であり、メガバンクなどの民間銀行で融資を受けることのできない開業直後の企業へ融資なども行っています。
この融資はいつでも申し込みが可能で、条件にもよりますが数百万程度から7000万以上の融資ができます。
また、政策として起業やベンチャー育成促進の役割を担っているため、民間企業と比べ、低金利で融資を受けることができます。
日本政策金融公庫には様々な制度がありますが、その中でも融資を受けやすいのが「新創業融資制度」です。
申し込みから融資までの期間は1か月程度と比較的早く、さらに無担保・無保証で最大3000万円程度の融資を受けることができます。
新創業融資制度の他にも新規開業資金や、女性、若者/シニア起業家支援資金など、開業直後でも利用できる制度があるので、自分に合った制度を利用すると良いでしょう。

民間金融機関での融資を受けやすくする

一般的に開業直後の資金調達として民間金融機関での融資は難しいとされていますが、「制度融資」を利用することで融資を受けやすくすることができます。
制度融資は、起業者が信用保証協会へ信用保証料を収めることで、公的な保証人としての役割を果たし、民間金融機関での借り入れをしやすくしてくれます。
起業する都道府県や市町村区の自治体が窓口となり、金融機関へ提出するあっせん書を発行するだけでなく、中小企業診断士の資格を持った人に事業計画書の添削や経営相談をしてもらうこともできます。

さらに、制度融資の最大のメリットとして、各自治体が信用保証協会の保証料や金融機関での借入金利息を一部負担する制度があることにより、金利1%ほどの低金利で融資を受けることができるという点が挙げられます。
ただし、融資実行までには2か月ほどの長い期間が掛かる、自己資金要件が厳しめであるというデメリットもあります。


この記事をシェアする