自己資金と出資金バランスが重要

個人資産も重要な資金源となる

外部からの資金調達を考える前に、個人資産となる自己資金を会社の資本として勘定することもできます。
補助金や助成金・融資などを受ける際には、企業の安全性を評価するために、資金調達の必要額とこの個人資産の割合が条件として重要視されることもあるため、自己資金がそれなりになければ融資などが受けられない可能性もあります。

自己資金のみになるとどうしても資金量が限られてきますが、株式を譲渡することもないので経営権を維持し、自由に運営することができるメリットがあります。
経営権の維持と、自己資金を増やすという点では親族や知人からの借り入れも一つの手段として考えることができますが、借り先の親族・知人とリスクを共有することになるため、返済できなくなった場合のトラブルなどに注意する必要があります。

VC利用時のメリットと注意点

VC(ベンチャーキャピタル)とはこれから成長の見込まれる未上場の企業を対象に、自社の資金や経営ノウハウ、人的ネットワークなどを提供して投資することで、ハイリターンを狙う投資ファンドを指します。
起業者にとっては返済不要の資金を提供してくれるだけでなく、経営についてのアドバイスが受けられたり、人脈を広げるチャンスに繋がるなどメリットも大きいVCですが、基本的に一部の株式を譲渡することが出資を受ける条件になるため、出資会社との交渉時に株式の割合をどれだけ維持できるかが重要になってきます。

また、VCから出資を受けるということは、将来的に他社へ自身の立ちあげた会社を売買する、または株式上場時の売却益によって出資費用を還元しなければならないという条件があることも念頭に置いておかなければなりません。


この記事をシェアする